×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

powerd by 楽市360

スポンサード リンク

powerd by 楽市360

ランクル200のレビュー

私は11月に納車されたランクル200でかなり既に走行しているのですが、とても静寂でのんびり出来る車だなあというのが一番の印象ですね。ランクル200の純正のタイヤならば、はっきり言ってふわふわしすぎているといっても過言ではないと思います。なので私の場合はごつごつしているアメリカのグッドリッチのタイヤに変更しましたね。それと、ランクル200の馬力に関してですが、やはり馬力はかなり有る感じがしますが、その分車体は重くなっているという感じですね。ランクル200の燃費に関しては高速120km走行6.4km/Lで、街乗りで4.2 km/Lといった感じで、車体のわりにはあるのではないかと思います。はっきり言ってランクル200はエコに関しては全く追求されていないディーゼルカーなので、少し罪悪感を感じるというのは有るかもしれません。それと、これも嫌だったのが、ランクル200のハンドル部分の木目の段差がひどかったです。実際に、今まで納車されているランクル200に関してもメーカー側から改善の命令が出されているようですしね(^_^;)

スポンサード リンク

ランクル200の特徴

ランクルシリーズといえば、悪路なども難なく走ってしまうというイメージですが、このランクル200もその高い走行性能が追求されている形になっているので、ご安心を^^まあ、日本もモータリゼーションでかなり道路状況も改善されてきているので、全くそのランクル200の性能を生かせる道が無いといっても良いかもしれませんが、やはり男ならば、この走りを求めたくなってしまうんですよね(^_^;)他の悪路を走ることの出来る対向車としては、ジムニーとか、ハマーなどがありますが、やはり実用性と静粛性による快適さを考えるとこの世界でも頂点?に君臨するのではないかといわれるランクルシリーズのランクル200が今のところは該当するのではないでしょうかね。実際に、画像などをランクル200の走行中の画像を見てもらえばわかると思うのですが、ラフロードを難なく走っていってしまう姿は本当に感動物ですよ・∀・そのランクル200の走りを支えているのは何と言ってもタイヤでしょうね。あの純正のタイヤのグリップを通じた走りは他の車では真似できませんよ・゚・(ノ∀`)・゚・。

ランクル200で注意すべき点

ランクル200はオフロードを走るために作られているのですが、ここは日本ですから、オンロードを走ることになります(^_^;)もちろん、ご心配なくランクル200はオンロード走行の性能も非常に優れています。ただ、やはりランクル200の純正のタイヤはオフロードを想定してあるので、操作性が少し難しい感じがありますし、微妙な操作の際にタイヤも付いてくる感じがするので、若干タイヤをインチアップした方がいいと思います。そうすることによって、操作性がかなりよくなった上で、運転性能も最適になるのでランクル200の長所をうまく引き出せるのではないかと思います。また、女性が運転されるならば、シートサイズが大きく、ハンドルも重いので駐車やバックなどをするときは慣れるまでに時間がかかると思います。もちろん、それはランクル200の耐久性やパワーなどを考えての設計なのでしょうがないというか長所だと思って操作するといいと思いますよ♪とりあえず、ランクル200のその伝統を信じて走りましょう。

Copyright © 2008 ランクル200